>  > 昭和系女子の腰のライン

昭和系女子の腰のライン

東京に遊びに行った帰りにファッションヘルスに行きました。デリヘルなら地元でもあるけど、店舗型のヘルスはこれが初めてです。店舗型は田舎にはなかなかないですからね。店舗に入ると男性スタッフが現れて利用は初めてかどうかを聞いてくる。初めてですと答えると、メニュー表を渡してきてイチから教えてくれました。女の子はフリーで、部屋に入るとふと眉の昭和系女子ってタイプの女の子がやってきました。でも、そういう子も好きですねぇ。並んで座り、会話をする。話している間も、僕の太ももを触ってきたりとスキンシップを交わしてきます。店舗型ってことを除けばデリヘルとほぼ同じですね。店舗型ということで、客に悪いことをされないという安心感からか、拘束プレイが豊富っていうのも店舗型の特徴らしいです。美乳に触れて舐めたりしました。でも一番はグラビアモデル並みの腰のくびれですね。あんなに美しい腰を見たのは初めてです。おっぱいよりもボディを舐めていた時間の方が長かったです。

時間を経ても変わらない

ネットはすごく便利なものです。はじめた当初はエロサイトばかり巡回していましたが、淘汰の激しい世界なのでお気に入りサイトや写真はどんどん変わっていきます。女性の好みもそうで、昔きれいだなぁと思っていた人の当時の写真を簡単に探し出せます。でも今見ると、妙に眉毛が太かったりして時代を感じます。数年前某デリヘルを利用した時の話です。年齢的にはアラサーの嬢で、来た瞬間「どっかで見た事あるなぁ」という思いでいっぱいになりました。それをよそにプレイは進んでいきます。服を脱ぐ際、シャワー中、浴槽につかっている間、嬢の顔を見るたびに「誰だったっけ?」と考え込んでいました。ベッドに移動し何度か見る角度が変わった時でした。「あー」思わず声が出ました。「?」「いや、何でもない」嬢はきょとんとしていましたが、やっと思い出しました。小学校の頃の担任に似ていたのです。大卒ほやほやの若い先生でした。当時は子供ながら先生っていいなぁと思っていました。フェラの最中は何とも不思議な感覚でした。

[ 2015-11-17 ]

カテゴリ: 風俗体験談